京都伝統工芸専門学校(現、京都伝統工芸大学校)を卒業後、京都の桐箱店で桐箱作りをさらに学び、その後、桐箱作家として活動を始める。

大事なものをしまっておくだけの箱ではなく、
日常生活で「使える桐箱」をテーマにものづくりをしています。
さらに近年では、桐の自然な手触りを楽しんでもらうために、桐と、異なる木材を組み合わせたアクセサリー作りにも没頭中。


桐のアクセサリーも作ってます
ハンドメイド・手仕事品の販売・購入 Creema(クリーマ)

ハンドメイドマーケット minne-https://minne.com/paubox/profile

作品お取り扱い店


テノナル工藝百職』:主に丸い箱を置かせて頂いております。


and more…


三軒茶屋の『東京茶寮』、銀座の『煎茶堂東京』さんの桐の小物もちらほら作らせてもらってます。